このブログでは、自分のカーライフ(特にアバルト595)とともに、グルメ、モノ、そしてTHINKを発信していきます。

前回の記事でエアフィルターの洗浄を行いました。今回はオイルの塗布です。

オイルフィルターのオイル塗布はいたって簡単です。

以下の動画をまずご覧下さい。



ご覧いただくとわかるとおり、フィルターオイルには赤い色が付いています。
フィルターオイルの説明書には、「たっぷりと」という表現がされていますので、両面にしっかりと赤い色がフィルターに付けば大丈夫という事です。

それと、前回の洗浄編もそうでしたが、やはりこのような二トリル手袋は作業に必須かな。と思いますので、ぜひ用意される事をおススメします。(トイレの掃除や、漂白剤を使うような、日常の掃除にも大活躍かと思います。)

20181104_054154239_iOS



あとは、取り外しと逆の手順で車両に取り付けて完了です。
地域にもよりますが、2万キロごとには洗浄をしたほうがいいのでは?と思うような汚れ具合でした。

私のアバルト595には、BMCエアフィルターが純正装着されています。

アクセル全開時には、中回転域からエアを吸う音がシュッーー!とフロントから聞こえてきます。
このフィルターは湿式。つまり、エアフィルターが湿っている状態になっています。反対に、乾式というフィルターも存在します。大多数の車種がこの乾式。
わかりやすく言えば、乾式が乾いたマスク。湿式が濡れたマスク。ということになります。

なぜアバルトがこの湿式かというと、いわゆる湿式のフィルターの多くが乾式よりも目が粗い。のです。つまり、吸い込む空気量を多くしたい。それが、エンジン出力の向上に役立っているわけです。(詳細は割愛しますが、乱暴に言うと吸入空気量増大→ガソリン噴射量増大→出力増)

目が粗いと空気中のホコリやチリも吸い込みやすくなります。それではフィルターとして体をなしませんので、フィルターを湿らせてホコリやチリを吸着させるわけです。しかし、水分では乾いてしまいます。そこで、フィルターに油分を湿らせているわけです。

BMCでは、このようなクリーニングキットも用意しています。

しかし、ややBMCのクリーニングキットは高い。ということで、私は自転車のチェーン洗浄で使っている、ワコーズ製品を使用します。
20181103_081911102_iOS_R



そして、必要となるフィルターオイルもワコーズで揃えています。
20181103_085323586_iOS_R
※最近ワコーズからの供給が切れているのか、なかなか手に入りません。これがない場合は、K&Nフィルターオイルもしくは、バイクでもおなじみYAMAHAのエアフィルターオイルもいいと思います。



それでは、まず使用方法です。車からエアフィルターを外さなければ始まりません。
必要な工具です。
・薄口の7mmソケット(6.3sqで無ければ、ヘッドのふちが当たって差し込めません。薄口6.3sqタイプを用意してください。)
・ラチェットレンチ、もしくはソケットレンチ

私はこの二つで組み合わせています。


20181103_072731972_iOS_R

写真のビス3本を取り外すとふたが外れます。

20181103_072702336_iOS_R
ここで注意が必要です。現在見えている面はエンジン側になります。つまり、見えていない裏の面が汚れているのです。
この通りです。

20181103_072632067_iOS_R

純正新品エアクリーナーと比較すると一目瞭然です。
20181103_072649222_iOS_R

取り外して、室内に持ってきたフィルターがこちら。真っ黒です。

20181103_075805019_iOS_R

さて、ビニール袋の中に入れてあります。ここからは、ワコーズエアフィルタークリーナーの説明書通りに参りましょう。
エアフィルタークリーナーを100cc計量します。

20181103_075951348_iOS_R
メモリは89gですが、液量100gになるようにお願いします。(比重まで計算していません。適当です。笑)

そして、フィルターにまんべんなくかけます。ピンぼけで申し訳ありません。
20181103_080124528_iOS_R

そして、袋の口を上下に閉め、ジャブジャブ・・・・作業中のため写真がありませんが、液は真っ黒です。そして、何度もゆすいでこれもジャブジャブ・・・
20181103_090709763_iOS_R

そして、これを水が濁らないまで続けて、乾かします。今日はここまで。
次回は、オイル塗布編です。

前回記事から4ヶ月の放置。仕事の忙しさピークをやっとすぎ、久しぶりに書く記事はトラブルです。

アバルト500にはウォッシャタンクが二つあります。前方から見て向かって右側(助手席側)がヘッドライトウォッシャー、左側(運転席側)がフロントガラスウォッシャーになります。
ウォッシャータンクが空になったし入れようか。と思い、入れたところヘッドライトウォッシャータンクの下から水が漏れる・・・

20161103_063100784_iOS_R
(バッテリー交換したときの写真ですね。これがヘッドライトウォッシャータンクの入り口)

1年点検まであと2ヶ月。出ないのはしょうがない。まぁ、出なくても走行に支障は無い。ということで、ディーラーで保証修理をお願いしてあります。細かいトラブルが、そろそろ出てくる頃でしょうか。

次回記事は、エアクリーナーの洗浄です。

3ヶ月の放置、いやひどいですね。

前回の記事で更新したワイパーのがたつき


無事に直っております。
ワイパーモータのリンク機構がまさかの破損。雨の少ない場所に住み、雪もたいして降っていないのにどうして壊れた?と疑問たくさんですが、ひとまず延長保証に加入しておりました。ワイパーの破損は車検に通りませんので(と聞いています)、問題なく修理完了。

さて、これからのネタとしては

・車載iPadminiのバッテリーが膨らんでいる!
・ミッションオイルの交換
エアフィルターの清掃or交換

をアップしていきたいと思います。のんびりゆっくり続けさせていただきます。

雪の季節もそろそろ終わり、雨に変わってきました。
この冬はワイパーを動かすことがほとんど無く、久しぶりの雨ということでワイパーを動かしたら・・・

やけにガタガタうるさい。最高速で動かしていますが、2回に1回ワイパーが戻るときにドン!という音がするようになりました。

あらら?ということで、ボンネットを開けて、ワイパーアームのがたつきを確認してみると、助手席側ががたついているのがわかります。



ショックアブソーバーがやはり固いせいでしょうか?ねじの緩みかと思います。
パッキンの劣化なども考えられますし、自分で作業をして破損するのが怖いので、ディーラーで対応してもらおうと思います。

久しぶりの更新になってしまいました。体調を崩したり、忙しかったり。アバルト595に乗っていないわけでは無いんですが、なかなか記事の更新をしていませんでした。

さて、今回はアバルト595コンペティツィオーネのエンジンオイルについて少し考えてみたいと思います。

1.エンジンオイル基本のき

アバルトのエンジンオイルについて語る前に、皆さんアバルトの取扱説明書はご覧になったことありますでしょうか?そこに、指定油脂類としてエンジンオイルについて以下のように記載がされています。(コンペティツィオーネになります。)

指定規格相当品
SAE 10W-50 マルチグレード化学合成油

指定銘柄
SELENIA ABARTH 10W-50
なお、この銘柄については以前の記事で性状をすこし紹介させていただいたことがありました。

そして、そこにはこんな一文も。
・現在使用中のエンジンオイルに異なるブランドや規格のオイルを補充しないで下さい。
・指定規格(SELENIA ABARTH 10W-50)以外のエンジンオイルを使うと、エンジンを損傷するだけでなく、保証の適用外となります。

とのこと。おかしな文章が書いてあります。指定規格はSAE10W-50化学合成油以外のエンジンオイルと書いているのに、どうして括弧書きで指定銘柄を書くのでしょうね。

かなりの矛盾が感じられますが、指定規格以上の性能であれば保証の対象ということに私は読んでいます。
では、指定規格以上ってなに?ということです。それを知るためには、SAE 10W-50 マルチグレード化学合成油という単語を理解していく必要があります。

2.エンジンオイルの表記の意味
(1)SAE
ではまずSAEから。
SAE・・・「Society of Automotive Engineers」、日本語で言うと「米国自動車技術者協会」という指定機関の規格ですよ。という意味です。

(2)10W-50の意味
つづいて、10W-50ですが、これは三段階に分けて説明をします。

まず、○○W-○○というのは、マルチグレードといいます。適用の季節が一年中のオイルのことがマルチグレード。季節によって使い分けが必要なものが、シングルグレードといいます。

次に、この10Wとか、50という数字が固さを表します。WはWinterの頭文字。つまり寒い時期、の事を表します。

最後に、この10Wと50という数字の意味を説明します。
「W」は「冬の時期」と表しましたが、ではなぜ10という数字があるのでしょうか。それは、始動時の外気温に適した数字となっているのです。

これは、BPのホームページ上で説明されているものになります。


10Wは、-20℃までは、潤滑能力があるオイルです。という意味です。まずこれを満たす事。
潤滑能力ということは、どれだけ固形化に近くならないか。また逆にさらさらしすぎないか。ということも意味します。20Wまでいくと、かなり固めの水飴のようなオイルですから、逆に燃費が悪くなることも想像がつくでしょう。逆に0Wになると、つつーっとしたさらさら粘ったオイルになります。
さて、その一方でこの表現。裏を返すと・・・
「アバルトの指定オイルは、-20℃以下ではエンジン損傷の恐れがあるということを意味します。」
さて、この寒い時期のエンジンオイルは始動時の外気温で潤滑可能かを示すものですから、10W-50というエンジンオイルが指定されていた場合は、0W-50でも、5W-50でも大丈夫という意味になります。
そして、50という数字の意味ですが、実はこれは厳密にいうとエンジンオイルが100℃の時にどのくらい粘っこいか。を表すものなのです。(かなり端折った説明ですが・・・)それを動粘度といいます。
前述しましたが、Wの数字を大きくすると固くなっていきますので、オイルが抵抗となり燃費の悪化なども招くことを忘れてはなりません。

100℃の時の動粘度です。左側のwの前の数字は何が入っても右の数字となります。(単位は、センチストークスと読みます。)
xW-20・・・・・5.6<9.3cSt

xW-30・・・・・9.3<12.5cSt

xW-40・・・・・12.5<16.3cSt

xW-50・・・・・16.3<21.9cSt

xW-60・・・・・21.9<26.1cSt

アバルト595は「xW-50・・・・・16.3<21.9cSt」を満たしていればいいのです。
つまり、100℃の時の動粘度が16.3cSt以上21.9cSt以下のものであれば良い。ということになります。


では粘度についてまとめましょう。

アバルト595コンペティツィオーネの指定粘度は、
1,Wの数字は、0、5、10のいずれか。氷点下にいかない場所であれば15でも良いが、数字を大きくすると燃費の悪化を招くことも念頭に置く。
2,後ろの数字は50以上を狙う。もしもそのオイルの動粘度がわかれば16.3cSt<21.9cStを守る。

(3)化学合成油とは
最後に、化学合成油です。これの意味を正確にいうと、「ベースオイルが化学合成油であること」を意味します。
ベースオイルは数段階にグレード分けがされています。グレード1~グレード5まで現在は存在しています。詳細はこちらをご覧下さい。

さて、SELENIA ABARTH 10W-50でわかっていることは、粘度は指定粘度の範囲内だが、どこまでの化学合成油かがわからないということです。グループⅢのオイルがほとんどでグループⅣやⅤが少しだけ入っているのか、はたまたグループⅤが100%なのか。しかし、それを知る術は無いのです。なぜか。単純明快。企業秘密だからなんですね。これがオイル業界の標準なのです。

(4)つまり何をいれればいいのか
基本的には、純正オイルでいいでしょう。しかし、オイルによって車のフィーリングが変わることも事実。逆に、-20℃以下を記録する場所で過ごしている方は、ディーラー純正オイルではダメなわけです。
ということは、SAEマルチグレードで、○○化学合成油という表記があり、右の数字が50を満たしていて、オイル交換の際になるべく多くのオイルを抜いて交換すればOKということになります。前のオイルが残っていて他のオイルはダメ。なんて、そんなことトヨタですらできません。(工場充填オイルと販売店オイルは違うから)

(5)オイルもいろいろ楽しんでみたい
そんなあなたにオススメしたいオイルは以下のオイルになります。私が過去数々の車で楽しんできて、気持ちいいオイルだなぁ。と感じたオイルです。上から順にいい順というわけではありません。

アバルト595コンペティツィオーネ

●MOTUL 300V COMPETITION 15W50
少し前だと、全日本GTカー選手権、現在のSUPER GTなどでもサポートしているエンジンオイル。ベースオイルはエステル、グループVのものが使われている。


●モービル 1 FS X2 5W-50
オイルメジャーの一角。私はカストロールよりもモービル派です。LEXUS LFA、ポルシェ認証も取れているオイルがアバルトに悪いわけがありません。


●モービル 1 15W-50
もう一つモービルから。こちらは少し固めのオイルになります。NASCARの公式オイルにもなっているオイルです。そして、5W-50よりも少しだけお値段リーズナブルです。


●ガルフ アロー GT50 10W50
最後がガルフです。車種別(正確にはエンジン別)にオイルを発売するほど。また、企業姿勢もかなり丁寧で、説明文からどのような配合がされているかをなんとなく読み取ることができます。アバルト595コンペティツィオーネにはこの粘度になりますでしょうか。



アバルト500ですと・・・
●MOTUL 300V POWER 5W-40


●Mobil1 0W-40


●ガルフ アロー GT40 5W40



といったところでしょうか。今回ご紹介したのは、純正オイルしかまだ使ったことがありません。という方にたいして、ぜひいろいろなオイルを楽しんでいただきたいという気持ちからであります。
オイルというのは、ユーザーからすると大変閉鎖的で、しかも超高性能な化学の学問を駆使した製品です。だから、あのオイルは良かったとか、静かになった。悪かった。という抽象的な評価になってしまいます。しかし、本記事で書いた事を守りながらオイルをいろいろ変えてみることで、大切な愛車を傷つけずもっと楽しむことができる一助となれればと思っております。
オイル交換の方法も、当ブログで簡単ではありますが記載させていただきました。ブログ記事を通じてでありますので、自己責任で。ということだけは申し上げさせていただきますが、楽しいカーライフの一助となればと思います。

※参考資料
車のエンジンオイルと添加剤のページ・・・http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/
エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい(JAFホームページ)・・・http://qa.jaf.or.jp/mechanism/engine/09.htm
エンジンオイルの基礎知識(HONDA ホームページ)・・・http://www.honda.co.jp/auto-parts/oil_basic/

あけましておめでとうございます。

2018年も明けて1週間が経ってしまいました。

皆様はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

自身は、年末年始は非常に忙しく日帰り出張が4回、さらに一泊を伴うものが1回と、大変慌ただしい年末年始となってしまいました。さらに、それと並行してノロウイルスかと思われるような胃腸炎にも感染してしまい、体調は絶不調という有様でした。

しかし、都内で過ごした際は、大変おいしい蕎麦をいただいたり、人生で初めてカウンター天ぷらを経験できたりと(両方とも接待ではありませんよ)、楽しい時間を過ごすこともできました。


今年も、アバルトと共に楽しいカーライフだけでなく、ハッピーライフになればと思っています。

新年最初のイベントとしては、数年ぶりに東京オートサロンに行ってみようと思っています。


また一年、おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

一回目の車検が終わった帰り道、エアコンからキーンという高音のノイズが発生しました。

風量を上げると大きく、小さくすると小さくなりますので、ほぼ風量に比例して音量が増減するといった内容です。

録音をしてみました。ゴーという風の音と共に、キーンという音が聞こえると思います。最後の部分で風量を小さくしていますので、よりわかりやすいかと思います。

 


これについて修理をしてもらいました。
修理の内容は、エアコンブロワモーターの軸部分のグリスアップという単純な内容でした。
モーターの製造メーカーまでは確認していませんが、3回目の冬を迎えプラスチック部品の伸縮、またヨーロッパ製の?グリスの劣化が始まっているのか?
細々したトラブルが続かなければいいのですが・・・

とはいえ、こんなトラブルも実はなぜか楽しかったりするもの。ディーラーへ赴くのも少し億劫と言えば億劫ですが、美味しいカプチーノがいただけたりしますのでそれも楽しみ。

これで冬本番。大雪にならないことを祈るばかりです。

アバルト595を購入して、はや3年。ついに1回目の車検を迎えました。

これまでのトラブルというと、
くらいでしょうか。

1年点検はディーラーにお任せしておりましたし(1回目2回目)、エンジンオイル交換は概ね5000kmごとに行っていました。(ほぼ自分で行っています
特に2回目の一年点検では、今後必要になってくるであろう整備をまとめて、メンテナンス計画を考えたりもしております。

さて、初めての車検。3年で44,000kmとやや走行距離は多い状態です。この3月まで経営大学院に通っていたこともあり、キャンパスの往復も多く距離が伸びてしまいました。しかし、トラブルといったトラブルはバッテリーくらい。イタリア車ということで少々構えていたところもありますが、ひとまずホッと胸をなで下ろしています。

さて、初めての車検はいくらくらいだったか。をお知らせしましょう。

20171218_130549438_iOS_R

合計金額 ¥131,099でした。
ゴルフの1回目の車検が¥150,000だったことを考えると、お手頃価格。ゴルフに比べてスポーツブランドにしては非常にリーズナブルといえると思います。
パーツとして購入したものは、期限が切れてしまっていた発煙筒と、リアワイパーのホルダー部分の爪が劣化して折れかかっていたということで、ワイパーアームごと交換しました。部品代があわせて¥7,920でした。

今後必要になってくるのは、
(1)ベルトおよびウォーターポンプ交換(走行距離5万キロで交換目安)  ¥80,000程度
(2)スパークプラグ(プラチナプラグだそうです。4気筒ですから4本)  ¥10,000
の二つです。

さて、無事に車検から帰ってきたと思ったら、ここでトラブル発生!

エアコンから異音がするではありませんか・・・・

この顛末は、解決したところでアップしたいと思います。

毎年、初冬になるとワイパーゴムがガタガタとかきのこしをし始めるようになります。

納車直前に、ディーラーの営業さんから
「フィアットのワイパーゴムは、イタリア人はどうしてこのゴムを採用するのかわかりませんが、かなりビビリますので、車外品の交換がオススメです。お店でもとれますし、簡単ですから交換をオススメしています。」
と、身内の事情はわかりませんが、車外品への交換をオススメいただきました。

たしかに、納車直後はいいものの3ヶ月もたてばとんでもないほどビビるようになってしましまいました。
今回で3回目の交換になりますが、すこし念入りに手順をご案内。といっても、とても簡単ですので、ぜひネットやお店で購入してご自身で試されてください。

☆注意すること
1,ワイパーブレードを外すと金属製のアームのみとなります。万が一ガラスにぶつけると破損の原因となりますので、なれないうちはガラスに緩衝材(タオルなどでもいいと思います)を敷いてください
2,国産車と違ってプラスチック製品は弱い輸入車です。優しく取り扱いましょう。

☆パーツを準備しましょう 
オススメはBOSCHです。前者のゴルフの時代からずっとBOSCHのエアロツインシリーズを使っています。



フロントワイパー
20171209_020156205_iOS_R

リアワイパー
20171209_020206654_iOS_R

☆フロントワイパーの外し方

説明は至ってシンプルです。写真中央部にあります四角いぽっちを押しながら、根元と反対方向に向かって押せばそのままスライドしていきます。

20171209_020525953_iOS_R


☆フロントワイパーの取り付け方

これもシンプルです。取り外したときと逆のことをすればいいだけ。
写真のように、スライドしていきカチッ!と音がしたら完成です。左右両方同じように行ってください。

20171209_020541353_iOS_R

☆リアワイパーの外し方
20171209_020244240_iOS_R
リアワイパーは、この写真だと左下方向に押し出してください。そのまま押し出していただければ、するっと外れるはずです。

☆リアワイパーの取り付け方。
これもフロントワイパーと同様です。写真がパーツになりますが、外したことと全く逆のことをする。
つまり、ワイパーアームに中のフックをかけるような形で取り付けてください。
20171209_020234390_iOS_R

以上で完成です。私の感覚だと、屋外駐車でだいたい1年間持つようなイメージです。
リアワイパーは作業回数がフロントに比べて少ないと思いますので、2年に1回の交換でいいと思います。
来週は車検です。購入してもう3年です。大きなトラブルもなくありがたいことです。

↑このページのトップヘ